もみの木クラブトップこどもの成長成長ホルモン治療:副作用の心配

こどもの成長

成長ホルモン治療:副作用の心配

これまで、25年以上にわたる世界中でのかなりの数の治療経験から、現在用いられている製剤は、非常に安全性の高い治療法といえます。

まれに、副作用がみられることもあります。注射した場所の皮膚が赤くなったりかゆくなったり、注射部位がへこむこともあります。同じ場所ばかりに注射するのでなく、毎回注射する場所を変えることが重要です。

身長が伸びるのに伴って関節が痛むこともあります。多くはいわゆる成長痛で、一時的なもので心配いりません。しかし、股関節の痛みが強い時や長時間続ければ大腿骨骨頭すべり症なども疑う必要があります。

一時期、成長ホルモン治療と白血球発症との関連性が心配されましたが、現在ではその関連性は否定されています。

メニュー

その他メニュー